意図
意図

意図

今、翻訳をしている本について原著の作者とメイルで日々やりとりをしています。

本当は、直接会って色々と話をしたいところなんだけど、タイミングが合えば会いに行きたいと思っています。メルボルンへ。

本は、いわゆる失われた大陸、と呼ばれているレムリア、アトランティス、そしてアバロン大陸についての本。

作者から本に込められた意図について送られてきたので、シェアしたいと思います。 

——

みんなに思い出してもらうため、世界の歴史の異なる一面を見てもらうため。

そして、私たち自身についてもっと自問自答してもらうため。

私は一体どこから来たのか、今の私にどんな影響を与えているのか、

今世での私は目的達成のためにバランスがとれた自分でいるのか、

今世の中で起きている様々な変化や進化の時期に生まれた自分が、地球のためにできることは何なんだろう、

何よりも、今、地球に起きている変化を通じて、

今日の私たちとこれら古代の大陸の関連性を多くの人とシェアしたかったのです。

かつて起きたことを知ること、そして、それが現在も再び起きていることを知ること、

それが、なぜ、どのようにして起きたのか、また健康的で力みなぎる、聖なる方法でこれらの変化にどうやって対応して生きてゆけば良いのか、を伝えたかったのです。

また、統合した歴史、私個人の経験や、実践的なエクササイズも提供したいと思っていました、

それによって、人々の学びはより加速し、日々の経験の中により深く統合されてゆくからです。

——– 

興味ある方、原語(英語)でこの本をお読みになりたい方は、アマゾンで購入可能です。

The Lost Lands: A Magickal History of Lumeria, Atlantis and Avalon

彼女から送られてきた、本に対する意図を改めて読み、私が昨年9月にオーストラリアで偶然手に取ったときに感じた「何か」を改めて具現化してもらったようで、

4月から本格的に翻訳ダウンロード作業に入ります。

この本の日本語版は、私がきちんと締切までに期日通りに翻訳作業を進められたならば(笑)、

10月~11月頃には書店に並ぶことになると思います。邦題は、原著とは異なる題名になると思いますです。

英語版はこちら。 (FACEBOOKアカウントが必要です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。