バイリンガルで言語を扱う、ということ。
バイリンガルで言語を扱う、ということ。

バイリンガルで言語を扱う、ということ。

言葉に「生命」を吹き込んでこそ、

通訳者であり、
翻訳者であり、
バイリンガルMCです。

生命>言い回し表現>文法

言葉は生きています。言葉を扱う私たちも生きています。

元の言語から生きたまま、他言語に変換しないと、
人々の心に伝わらないです。

そこには、相手に対する思いやり、愛、優しさ、という人間的な配慮が必要です。

 

このことを、本当によーく自分の中で咀嚼して、

理解をして、

現場に臨んでください。

 

通訳者、翻訳者、バイリンガル司会者である前に、

バイリンガル・コミュニケーターとして、

円滑なコミュニケーションを確立していくための

「心」を

ぜひ、

育んでいってください♥

 

生きている言葉だから、

マニュアル通りに行きません。

だからこそ、

その人の「心の有り様」が、

反映されるのではないでしょうか。

xoxo

03278

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。