忘備録~携帯事情
忘備録~携帯事情

忘備録~携帯事情

忘備録として。

今回、米国本土と離島に出張するにあたり、

短期滞在超特急のため当初は、電話は必要ないか、と

思っていたけど、

やっぱりよく考えると、

少なくとも仕事で行くのに不便かも・・・

と思い、

いろいろと調べてみることに。

元々iPhone & iPad を持っていく予定だったので、

WIFIがあれば、メールやらネットやら地図やら、仕事先でのプレゼン資料やら、、は、

この2台で事足りる。

とそこで、疑問。

日本の携帯にかかってきた電話をどうするか?

まぁ、そのままの番号でも海外で受発信はできるけど、1日1980円最低でもかかる(SOFTBANK海外ぱけ放題)、、しかも1秒でも通話してしまったら丸々その料金が加算される、という仕組みになっていて、

前回、ハワイにいるとき、それなりに結構な金額が請求されて、

うーん、、、と思っていたところ。

050plus を使ってみることに。サインアップして、携帯番号を050番号に転送。

これであれば、WIFI環境のまま、通話が可能。

国際電話も結構安いので、これはお得な感じ。

一番、国際電話する機会が多くなりそうな留守番中の家族とは、LINEやFACETIMEで事足りるので、

こちらはどっちにしてもWIFI環境さえあれば、問題なし。

仕事関係だけを050Plusで対応することで解決。

さて、では、米国内での電話はどうするか?実際、050Plusでも大丈夫なんだけど、

相手に国際電話をかけさせねばならない、という面倒くささを考えると、

やっぱり、米国携帯電話番号を持っていると何かと便利。

最初は、いろいろと、iPhoneをSIMフリー化して、現地で使えるプリペイドSIMを買って・・・というのも検討したけど、現地で壊れたりしたら不安だし、Jail Breakもしたくないし、SIMフリー化もそれなりにコストがかかるし、SIMフリーケータイもそれなりに高い。。。うーん・・

ということで、こちらはMobell(モベル)に申込。

通話とテキストメッセージのみ。という超シンプルな機能だけのガラケーを選択。

頻繁に使うことはないけど、ないと不便、という使用頻度が多いわけではないので、

これで十分な感じです。

良いのは、取得した米国携帯番号はずっとそのまま自分の番号として使えること。

これはメリット大きい。

かといって、GoPhone(AT&Tのプリペイド携帯)のように、何カ月かごとにチャージしないと番号が失効する、ということもないので、1年間使わなくっても、大丈夫。

今ちょうどキャンペーン中で、月額も無料だそうなので、実質、通話した分だけの通話料を払えば良いらしい。

ということで、何とか、携帯環境がクリアになって一安心 happy01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。