説明能力、情報開示能力
説明能力、情報開示能力

説明能力、情報開示能力

 お店も自宅もインターネット環境をずばり、「光」にしようと思い、かれこれここ1週間くらい、新聞の折込ちらしを眺めては、ネット上でいろいろ検索してみたり。

 ところが、この光接続を提供している会社もNTTフレッツとTEPCOとあって、さらにはプロバイダー契約もしなくてはならず、そのプロバイダーもとにかくスゴイ多さで。更に追い討ちをかけるように、「ただいまキャンペーン中!」とかってあって、プロバイダ比較、、っていう専門サイトまであり、パソコン上気づくと、何個も何個もウィンドウが開いてすごいことになっちゃってる。
 で、結局、1週間ナニをしていたかと言うと、あまりに情報提供方法とか、商品説明が煩雑で、統一性がなくって、良くわからないのよ


 NTTフレッツ光では、光フォン、って呼ばれているものが、プロバイダーのWEBサイトにいくと、「xxxxIPフォン」基本料無料、とか。これって一緒のものなの?なになの??
 キャンペーン内容も、じゃぁ、簡単に一番お得なところにしよう、とか思うと、ページの一番したの方に、見えるか見えないかくらいのマクロな文字で、「当キャンペーンにお申込みの方は2年間の継続契約が条件です、云々・・・」と書いてある。
 あのさーそういうことは、もっと大きな文字で書いてくれないとなぁ・・・


 OCNに至っては、体操のひろみちお兄さんが、ひたすらFLASH画面内で「ワレワレハ・・・」とかって体操して踊ってるし、どこをクリックしたら、詳細画面に切り替わるのか意味不明(^’^)。何とかしてください。


 いいことばっかり大きな文字で、とか、本当に必要な情報はホントに苦労して探さなくっちゃならない、とか、じゃぁ、電話で聞こうと思うと、つながらない。担当者、バイト君っぽくって良くわからない、、
 
 特に大手企業。もう少しプレゼンテーション能力、説明能力、情報開示能力のクオリティを高めてほしい。と願うのは私だけ?隠れた窓が多すぎて、わかんなーい。っつうの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。