MAN RAY
MAN RAY

MAN RAY

大阪の電車の中づり広告で、はじめて知った、マンレイ展をやっていたのか・・・がっくし・・・

行きたかった・・・・・・泣。。

東京はすでに終わっていて、大阪国立美術館で11月14日までとのこと。

うーん。いけない。。。

残念。。

行ける方、ぜひ足を運んでみてください。

Manray

Man Ray展

国立国際美術館(大阪)

写真家としてのマン・レイの存在を知って、好きな芸術家のひとりですが、今回はいろいろな作品が展示されているようです。刺激的。

展示会のタイトルが、

Unconcerned but not indifferent….

直訳すると、UnconcernもIndifferentも同じような意味なんですね、

でも、広告に書かれていた日本語は、

「無頓着、でも無関心ではない」

と訳されていて、唸りました。なるほどー。勉強になります。

ARTISTたちの無限の想像力、創作力に定期的に触れること、

それは、自分の五感や想像力もが、自由で無限であることを実感させてくれて、

活力の糧にもなるとても贅沢な時間だと、

私は思っています。

美術館、展示会、大好きです。特に、彼らのような近代美術は、発想や作風が本当にユニークで、

何しろ刺激的。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。